みんなの、動研(仮称)

動研に参加する現在のメンバーと、かつて参加したメンバーが交流するため場所です。
〜We are enjoying bicycle,motercycle and carlif for next generation. Since 1989 〜

「本田宗一郎杯 Honda エコマイレッジチャレンジ2016 第36回全国大会」  
1号STD    418.208km/l(過去最高記録!!)
3号ヤマビン 334.290km/l
<< 3号エンジンオーバーホール進捗 | main | 3号作業進捗 >>
新1号のステアリング周り。
誰か書けよ!!

 はい、工藤です。一週間ぶりですね。
 とりあえずハンドルやらホイールやらが付いて転がせるようになったので、その乗ってみた感想と問題点について書きます。

 まず乗ってみた感想ですが、いやぁ狭い狭い。元の1号は乗車した時にフレームが腰まわりまでの高さしかなかったのに対して、今回の新1号フレームは乗車時、肩まですっぽりとホールドするような背の高いフレームなので、圧迫感というか閉鎖感というか...いや、現に圧迫されてますね。うん。肩にフレームが当たってる。

 これによって、車内でハンドルを切る動作がスペース的になかなか厳しいです。また、ハンドルを限界まで切ってもホイールの切れ角がちょっと小さすぎるような...?今まで「これ作った人頭おかしいんじゃないか」ってくらい小回りの効くマシンに乗っていたので、感覚が違っているのかもしれませんが。

 以上で問題が2つですね。
 ・乗車時の圧迫感
 ・ホイール側の切れ角が小さい
 これらを解決していきますよ。

「乗車時の圧迫感」
 これについては、フレームを現在の状態以上に弄ることはできないので裏ワザを使います。
 要は、乗車した時に「広く見えれば」良い訳です。


↑1枚目:変更前、2枚目:変更後
 トレッド幅を広げ、フレームとナックル、ホイールの間にスペースを設けることで視覚的な密度が下がり、広く見えるようになりました。また、安定性を確保するとともに、キャンバー角の調整もできるようになりました。

「ホイール側の切れ角が小さい」
 これは原因として、「ハンドルとそれを留めている軸との距離が長い」、「ハンドル軸-ステアリングロッド固定部の距離がナックル固定部-ステアリングロッド固定部の距離とほぼ同じである」の2点が上げられます。

 これに関しては解決策がいくつかありました。
 ・ハンドル-ハンドル軸の距離を短くする
 ・ハンドル軸-ステアリングロッド固定部の距離を長くする
 ・ナックル固定部-ステアリングロッド固定部の距離を短くする

 1つ目は加工が最も簡単なのですが、ハンドルをこれ以上軸に近づけるとフレームに干渉してなおさらハンドルが切れなくなる、という点から除外。

 2つ目は部品の追加によって、ロッドの押出量を稼ぐ案。黒滝さんが「これ俺やろっかな」とおっしゃっていたような気がするのでお任せしました。

 3つ目は穴を増やすことで、ロッドの押出量に対する仕事を増やす案。自分が行ったのはこれですね。最初に思いついたのがこの案だったので。以下、第3案での改良の様子です。


↑元の状態ですね。ハンドルはニュートラル位置です。


↑それぞれ左、右に限界までハンドルを切った時の様子です。

これがどうなったか。


↑改良後。ハンドルはニュートラル位置です。


↑それぞれ右、左に限界までハンドルを切った時の様子です。そのホイールが内側にあってカーブを曲がる際の切れ角が、格段に大きくなっているのがわかるでしょうか。

 納得のできる結果が得られたのでハンドル周りは一旦完成でしょうかね。後は機関部、電装部を固めていくだけ。
 月末の展示に向けて、ペース上げて頑張ります。
| 作業日誌 | 01:47 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - | pookmark |
コメント
どうも、三本木君の知り合い+川上には仁義を通したよです。
いつも楽しく拝見させて頂いております。

徐々にマシンが改良されていく様子を見るのは楽しいですね。
次は機関部、電装部ですか。マシンの完成もさることながら、記事の方も楽しみにしております。

それではまた。
| 三本木君の知り合い+川上には仁義を通したよ | 2016/06/17 15:51 |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT

Webを検索 このブログ内を検索
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS