みんなの、動研(仮称)

動研に参加する現在のメンバーと、かつて参加したメンバーが交流するため場所です。
〜We are enjoying bicycle,motercycle and carlif for next generation. Since 1989 〜

「本田宗一郎杯 Honda エコマイレッジチャレンジ2016 第36回全国大会」  
1号STD    418.208km/l(過去最高記録!!)
3号ヤマビン 334.290km/l
<< いよいよ今週全国大会!! | main | Douken in HONDA CARS!!!! >>
Honda エコマイレッジチャレンジ Two thousand 14
みなさんこんにちは。ホテルの冷房で鼻水と咽頭痛と微熱に苦しんでいる中村です。
今回はhondaエコマイレッジチャレンジ2014についてレポートします。

今回の大会では、山本先輩、三上先輩、木村先輩の3人がOBとして駆けつけてくださいました。
山本先輩は大阪から会場へ、三上先輩は金曜夜から自家用車で会場へ、そして木村先輩はなんと金曜朝の積み込み時からの参加というハードスケジュールです。お忙しい中ありがとうございました!

OBの三名。ご参加ありがとうございました!


では大会の様子をお送りします。
金曜朝の積み込みは晴れ、2x4の切り出しに手間取りましたが無事雨に濡らさずに積み込むことができました。

積み込みの様子












そして土曜日。ホテルのカレーを食べたい気持ちを抑えて茂木に到着しました。
テントの準備が終わり次第、チームマネージャーは新しくなったサインエリアなどの下見に向かいます。

作業中

新しいサインエリアはとても狭いです。。。
この標識を目印にゴール車はゴールへ向かいます。
多数のマシンが総走行距離と時間を考え、攻めながら各々の速度で周回するこの大会では、ゴール付近のこの地点でかなりの混雑が予想されます。ドライバーはきっと苦労したと思います。

空気の調整
重要な移動手段となる、電動モトコンポ。
来年は彼の350ccも持ってくるんでしょうか?
そして新品のプラグ!ピカピカです。
美しいというのはこういうものをいうのでしょう。
彼には頑張ってもらいます!


受付後、いよいよ車検です。
大会らしくなってまいりました!!
今年もあちこちでエンジン音が聞こえてきます。



グループ靴楼貳崗茲蠅任靴拭
今年から無線はやめ、スマホで連絡し合います。
他のチームもところどころスマホを使っているみたいですね。



そしてここでトラブル発生です。「マフラーの長さが規定に合わないため、短くする」とのことです。
もっと早く気づくべきでした。
ノコを忘れてきた、ということもありドリルで切り取ります。




そして練習走行です。
マシントラブルはなく、スムーズに練習を終えることができました。

夏休みにほぼ毎日のように見ていたマシンも、こうしてサーキットで見るとなにか違うものがありますよね。
私もスタンドからみてみたいです。

そしてサインエリアです。練習日は本当に混雑していました。
入口が一つしかなく、しかも短いということもあり無理やり場所を確保しました。
来年は絶対に改善してほしいです。

大混雑でした。隣のチームのサインボードで1号が見えないというトラブルもありました。
本当に大変でした・・・


練習日のリザルトは、
1号:約380km/L
2号:約220km/L
でした。

3号ドライバーの山日は高校時代から完走したことがないそうで、今回の練習走行の「完走」という結果に満足していました。





そしてOBを招いての食事会です。
簡単な自己紹介から始まり、明日の抱負や先輩方のいじり合いなど、動研らしい活動を展開していきます!!

久々に部員全員での食事です!
まるで去年の部活みたいだ、懐かしいなぁ、と私は思いました。

メニューのから揚げがすごくおいしかったのを覚えています。
そしてOBからのコメント。全員が聞き入ります...
懐かしくもあり、楽しい時間を過ごすことができました!
この後は明日の準備が待っています。気合、入れて、行きましょう!





そして本番です。

太陽が前日よりも照り付け、燃料の蒸発が気になるほどの陽気でした。
そんな中他のチームが待機中に燃料タンクを覆うようにカバーをしていたのを目撃しました。
燃料の最終調整後は一切の調整がありません。我々もやるべきだったと後悔しています。(ここから写真が少なくなります。申し訳ありません。)


ここでスタート前待機エリアにて3号から異音がする、というトラブルが発生。
ピストン・シリンダ間の油膜切れが原因だと考えられます。


キャブの調整ということで、ピットでしばらくキャブの調整をしていたのが響いたのでしょう。
1号のエア抜き用に注射器を購入していたので、それを活用してなんとか応急処置を施しました。


風呂に入ったかのような汗を腕から流し、サインエリアで黙々とタイムを計測していきます。



本番の結果は、
1号:217.624km/L
2号:250.486km/L

となりました。

2号は油膜切れというトラブルもありながら無事完走し、記録を伸ばすことができました。
1号は残念ながら記録を伸ばすことができませんでした。練習走行で380km/L近くの記録を出せていたので、残念でなりません。
この教訓をこれからの活動に生かしていきたいです。


今回の大会では、マシンの走行に大きな影響を及ぼすようなトラブルはありませんでした。しかし、ノコなどの工具を忘れたり、3号のマフラーの長さ調整を事前にしていなかったりなど、小さなミスが多くみられました。
夏休みを練習走行に費やしたのはよかったのですが、大会当日の流れやチェックリストを事前に製作しておくべきでした。


部としての大会はこれで最後となりましたが、これから彩才祭が開催されます。そちらに向けての準備も進めていきたいと考えています。

最後に集合写真です。


来年に向け頑張っていきたいと思います!
では今回はこの辺で...

What's NEXT......
| - | 19:25 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:25 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT

Webを検索 このブログ内を検索
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS