みんなの、動研(仮称)

動研に参加する現在のメンバーと、かつて参加したメンバーが交流するため場所です。
〜We are enjoying bicycle,motercycle and carlif for next generation. Since 1989 〜

「本田宗一郎杯 Honda エコマイレッジチャレンジ2016 第36回全国大会」  
1号STD    418.208km/l(過去最高記録!!)
3号ヤマビン 334.290km/l
二号車進行状況
 こんにちは、楠です。このところの天気は意地悪にも程があります。気を抜くとあらゆるところにカビが生えてしまいそうです。

さて、二号車・車体部門の進行状況を報告させて頂きます。
フレームの基本構造は完成しました。溶接跡がとても美しいです:-)
駆動関連の構成は難航しましたが、まとめることが出来ました。詳細は後ほど。
ステアリングについて、当初は「乗降性を重視したアーケードゲーム機風レバー式」でしたがドライバビリティが最優先という判断に至り市販自動車にみられるようなロータリハンドル式に落ち着きました。
ボディには川上産業株式会社製のプラパール(再生原料使用)を選択しました。プチプチ(緩衝包装材)を薄い板でサンドイッチし、プラダンボールと同じ程度に硬くしたような材料です。現在、フロントセクションを接着中です。


切り出しの誤差で若干小さくなってしまいました。ボディの前面投影面積は0.28屬任后
ていねいに仕上げてゆこうと思います。


【川上産業株式会社製 プラパール】(勝手に補足)※コメント参照
http://www.putiputi.co.jp/shohin/plaperl.html

| 作業日誌・シャシ | 23:05 | comments(2) | - | pookmark |
もう二息の二乗くらいです!

部室に集うハエにいらだちつつ蚊取り線香にいぶされながら誘蛾灯サウンドにひたり、daien氏と部室でアイスを口に運び夏が来るなと芝を見つめながら呟く楠です。
そいえば構内でオケラの鳴き声を聞きました。地面を良く見ると音のする土の盛り上がりがありました。なにやら心が穏やかになりますね。あ、踏んでませんよ? 

さて、エンジンルームに断熱材をはめ込みました。はめあい公差はm6くらいです:-)
他のチームと比較するとエンジンルームの容積が大きい所為か、かなり大げさな印象がありますが仕様です。この内側は遮熱のためにミラーハウスと化しています。

その他開発途中の画像をアップします。フロントセクションとヘッドレストの溶接工程がまだ残っていますね。


| 作業日誌・シャシ | 03:51 | comments(2) | - | pookmark |
GTジョイント

こんにちは、楠です。

概観の得られるパーツの処理が(ほぼ)済んだのでガムテープで組み付けてみます。


なんと操舵機構の不都合が判明しました。人体のシミュレートが甘かったなと反省してます。
でもこういった妙に悩ましい場面ってとても楽しいですよね:-)

| 作業日誌・シャシ | 21:35 | comments(2) | - | pookmark |
バラバラの二号さん
 こんにちは。楠です。

カプサイシン号は大幅にモディファイされている様子ですね。
さて、二号班は先週より製作に入りました。皆で頑張ってモノにしましょう:-)


二号の名称はUMINECA(ウミネカ)に決定しました。それに合わせてdaien氏がHPを格好良く更新してくれたのでご覧下さい。名称の由来は八戸市では知らない人の居ない(と思われる)海鳥と水揚げ量日本一の某軟体動物をそれっぽくフュージョンさせました。
 
もう少し格好の良い感じのグラフィックが欲しいのでフリーの3D CADなどを漁ってる楠でした。
 
 
 
 
 
 
| 作業日誌・シャシ | 20:49 | comments(0) | - | pookmark |
カプサイシン号のフレーム
 はじめましてAZUMAです。
少し前に紹介されていますがカプサイシン号のフレーム模型です。


普段は見る一方なのでアップに少々時間が掛かってしまいました。
教えて頂いた先輩方ありがとうございました。

| 作業日誌・シャシ | 21:38 | comments(0) | - | pookmark |
ドライバーズビュー
 こんにちは、楠です。
フレーム模型の構造を見直しました。全体像はオアズケという事でお願いします。恐らくはエコラン車両では異例のステアリングフィールを実現できるでしょう。あくまで妄想ですが。
ついでにステアリングのレイアウトを仮定して組み込んでみました。ホイールアライメントの設定は目力にて(笑)。途中から集中力が切れてしまいハンダ付けが酷い事になっています。
ステアリング形式は元エコランカードライバーD氏より操作が直感的で良いという助言を頂いたのでカート形式(?)を選択しています。カプサイシン号とほぼ同一となります。ハンドル形状は未定ですが模型ではCカーの物を参考にした形状にしています:-)


アングルとオフセットが肝ですな。






 
| 作業日誌・シャシ | 06:42 | comments(0) | - | pookmark |
続・二号の中身
 こんにちは、楠です。
先日、部員のk氏がカプサイシン号のフレームとその改良案を銅ワイヤーで製作しミーティングで公開しました。アップを勧めているのですが当の本人からメールの返事が来ません。
さて、それに勢い付けられて二号のフレーム模型を作ってみました。


スケールは1/10です。精度は1/10程度の予定でしたが……?
線材は0.9mmの黄銅線を使ってます。これより上のサイズは陳列されていませんでした…。因みにドライバーをしている極太のM20はdaien氏の私物です。
重量は管材の単位重量を参考にした結果約4kgとなりました。アルミの板材やブロック、隔壁などもあるので実際は5kg前後と予想されます。車輪の重量はほぼ変らないので前後合わせて5kgとなります。ステアリングは未定要素が多いので1kg以内を目標に進めて行こうと思います。ボディはパネルごとの接合部品を含めて900g前後を予想しています。
溶接の重量増は予想出来ないので加味していませんがトータルで動力系統未搭載にて12kgとなります。他のチームと比較すると大変軽量な事がわかります。
特に深い意図はありませんが直感的に交通安全の為にお払いをして頂きたいと感じる今日この頃。






| 作業日誌・シャシ | 03:07 | comments(0) | - | pookmark |
作業日誌(楠)
こんにちは。楠です。いよいよ地面も凍ろうかという寒さですが如何お過ごしでしょうか。

さて、昨日はカプサイシン号の為に軽量ハンドルを製作しました。
30秒で構想完了、講義の合間に強度確認というスピードプレイの結果がこちら。


なんと太腿と干渉してしまいます。外見上心配な強度は適当な使用方法の下では以前の物と同等です。しかし異方性が強く、実用的ではありません。加えて華奢すぎる外観は搭乗者を不安にさせる事でしょう。
 
詰めが甘かったと感じています。今回の反省点を生かし再び挑戦しようと思います。
 
構成は、
・4mm厚、材質不明のアルミニウム切板(工作センターより)
・アルミニウムハンドル(廃棄された自転車より)
・高校生の時に作った炭素繊維*エポキシレジンのFRP切板(化石)
となっています。手を置く箇所は感触を重視しました。また、軽量化の為に肉を大きく削いでいます。不注意や事故による破損を前提に、修理の便を考慮してネジ組み立てとしました。ネジも整備性と軽量化の為に(ハンドル周りは)六角穴付き皿ネジに統一する予定です。
メインスイッチも手元に集中させようかと思っています。ところで回転計は整備の時だけ取り付ける仕様、というのは如何でしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
| 作業日誌・シャシ | 23:03 | comments(2) | - | pookmark |
作業日誌(楠)
 こんにちは。楠です。

先日車両のコンディションチェックという事でたわみの程を記録しました。来年も同様に計測しようと思います。
因みに計測位置に60kgのバラストを載せた場合は5mmの沈み込みが発生しました。


 
 
 
 
 
 
 

| 作業日誌・シャシ | 20:27 | comments(4) | - | pookmark |
作業日誌(楠)
楠です。
度重なる仕様変更の所為でキラーフレームと化した我が部の骨格は容赦無く部員の手を切りつけます。
という事で鋭利な箇所を処理しました。ついでに改修で切り残された箇所を剥ぎ取るなどした為、トータルで1キログラム程度の減量も果たせています。
加えて、手の触れそうな箇所は触感を重視してみました。 なんとこのキラーフレームはグラインダーの新品バフディスク一個(切削用は新品4枚相当!)を軽々と平らげてくれました。恐ろしや…。

 





| 作業日誌・シャシ | 22:06 | comments(0) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT

Webを検索 このブログ内を検索
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS