みんなの、動研(仮称)

動研に参加する現在のメンバーと、かつて参加したメンバーが交流するため場所です。
〜We are enjoying bicycle,motercycle and carlif for next generation. Since 1989 〜

「本田宗一郎杯 Honda エコマイレッジチャレンジ2016 第36回全国大会」  
1号STD    418.208km/l(過去最高記録!!)
3号ヤマビン 334.290km/l
15年前も、勧誘は同じ


変わったのは、カラープリンター。
変わらないのは、熱いハート。
| OBのウンチク ’90s | 00:16 | comments(0) | - | pookmark |
加工って。

今の時期は試験期間でしょうか。
皆さん、もうひとがんばりです。

M20のボルトはなかなか美しいですね。
ソリッド感が良い感じです。
ちょっと欲しいです。


ツインプラグ、懐かしい響きです。
当時のエンジンがまだ残っていたことが嬉しいですね。
当時のエンジン製作者である”T田”と良くスキーに行くのですが、先週の土曜日に一緒に滑りに行ったとき、リフトの上でこのブログの話ををしました。
本人は「そんなこともあったなぁ〜」と懐かしがっておりました。
たしかAX-1のCDIを解体屋さんから買ってきて使ったことや、鉄パイプを曲げてマフラーを作ったことを思い出しました。

さて、、、
当時は工作機械での加工とハンドツールでの加工の比率が半々か、あるいは6:4で手加工の方が多かったように思います。
(認識不足だったら訂正してね>OBのみなさん)
なんせエンジンのフィンを削るのに、ベビーサンダーとリューターを使い、長い時間をかけて加工していましたから。
基本的にお金がなかったので、そうせざるを得ないと言うのもありました。
たしか2年目あたりでフライス加工に切り替えましたが、今思えばなかなか凄い(?)ことをしていたもんです。
力業ですね。

そんな中、駆動系の構想をしていた時に出たアイデアがありました。
”多段減速ではなく、一段減速をして構造を単純化する→ドリブンスプロケットを巨大にする”
計算上、180Tもの巨大なスプロケットが必要だと言うことが判明。
大人でも一抱えくらいはある大きな円盤です。
皆その現実にたじろぐ中、”さかり”と”まさし氏”が製作に立ち上がりました。
地道な作業で下加工を行い(確かボール盤とフライス盤で作った)、最後の仕上げは、気合いの「人間インボリュート曲線」。
ヤスリでひと山・ひと山削ってゆく、とても地道な工程でした。
”さかり”の渾身の作品です。
もしかしたら今も部室にあるかな?

いまでも、みんなに会うときは、あの「180T」は語りぐさです。



懐かしい話です。




【補足】この写真の下のほうに写っている大きな輪が180Tのスプロケですな。    
| OBのウンチク ’90s | 22:11 | comments(2) | - | pookmark |
ためしに書いてみます
しげあきさんから投稿の仕方を教わったので、ちょっと思い出話でも書いてみようかと思います。

私の代の副部長”はらだ”のアパートは、みんなの溜り場でした。
誰彼ともなくはらだの家に集まり、夜遅くまでだべっていたのです。
週末は酒やつまみを持ち寄り、「寄り合い」と称し、クダクダの、飲み会ともつかない時間を楽しんでいました。
酒を飲まないときは朝までしゃべったあと、各々の4ストミニで山の方へ「夜明けのコーヒー(自販機)」を飲みに走っていったものです。

ある冬の日の夕方でした。
その日もどこからともなく「はらだ邸」へ集まってる動研メンバー。
”ちば”が入ってくるなり、こう言いました。
「お〜い、”わたなべ”の靴、いま犬が咥えていったぞぉ」
漫画のような展開に、皆爆笑しながら犬を探しに外へ。
当の本人”わたなべ”はすでに姿の見えなくなった犬を追って、捜索に出かけましたが見つからず。
言うまでもなくその日の話題は”わたなべの靴”で持ちきりです。
決して綺麗とは言えない、ミッションパッドの付けられたバスケットシューズ。
さぞ良い香りがしたのでしょう。

この話には落ちがあります。
年を越して雪解けの春。
部長の”さかり”が叫びました。
「わたなべの靴、みつかったどぉ〜」
わたなべの靴は見事に冬を越し、はらだ邸の隣にある、さかり邸の付近で雪の中から発掘されました。
その日は越冬した靴の話題で「寄り合い」を楽しんだのはいうまでもありません。


懐かしい話です。
| OBのウンチク ’90s | 22:22 | comments(0) | - | pookmark |
「モンキー」をフルモデルチェンジ
Yhaooの記事を見てびっくり!

***** HONDA プレスリリースより(抜粋)***** 

エンジンは、スーパーカブ50に搭載している力強い出力特性と
環境性能を両立した空冷・4ストローク・単気筒50ccを採用。
電子制御燃料噴射装置の採用などで、燃費は従来モデルに対し
約10%向上させた100.0km/L(30km/h定地走行テスト値)を達成する。

http://www.honda.co.jp/news/2009/2090119-monkey.html

*********************************************
ってことは、ノーマルエンジンのままでもエコランでかなりの記録を出せるってこと?
と思ったら、すでに現行カブには電子制御燃料噴射装置がついているんですね・・・
| OBのウンチク ’90s | 22:51 | comments(0) | - | pookmark |
動研Tシャツ
ある年、動研Tシャツを作ったことがありました。
デザインは、先出の写真のものです。
lemmingsとは、当時エントリーしていたチーム名です。
由来は、よくわかりません。

Tシャツを作った当時、メンバー数は20人を超えていたのではないでしょうか。
自分たちで無地のTシャツを買い、地元の印刷会社に持ち込んで作ったものです。

私は、2枚作製し、保存用に1枚残しておいたものが、
この写真のTシャツです。(最近、引越しを機に処分しました・・・)


当時は、マシン作製やエンジン調整だけではなく、
Tシャツを作ったり自作のサインボードを作ったり、
いろんなことをしながら楽しんでいました。

今なら、ユニクロで作ったりもできるんですね。
【刺繍&プリントサービス】
http://store.uniqlo.com/jp/service/tw/index.jsp
| OBのウンチク ’90s | 22:07 | comments(1) | - | pookmark |
なつかしの再会。マー君
今日は、某市に出張中。
毎週のように出張に来ているが、なかなか都合が会わなくて会うことができなかった、
まさし氏に2年ぶり?に会うことができました。

大学を卒業して10数年。
何にも変わっていない。
4年間、毎日バカをして、笑って、喧嘩して、涙したあの動研時代と変わらない。

3時間いろんな話をした。
このブログの話も。
今のメンバーは10年前では考えられないような取り組みをしていること。
その割に記録は・・・?(笑)

いつかみんなで集まりたいね!といっても、それぞれが仕事があって家庭が会って・・・。

勢いで、さいかわ氏に電話をしてみましたが、某市には酸素を届けてくれないようで
電話には出られず・・・

かつてのメンバーも、現役のメンバーもどうぞこのブログを活用して
交流の輪を、再会を果たしてください。

そして、このブログを見ている人は、このブログの存在を知らない仲間たちに
みんなの、動研(仮称)  http://douken.jugem.jp/ を知らせてください。

直接会うことはできなくても、動研というステージで時間をすごしたみんなは、
昔話に花をさかせ、過去の話を聞き、今後の計画を聞き、大いに盛り上がりましょう!


(左から、4人目がマー君;あのころはメタポじゃなかったんだね・・・)



| OBのウンチク ’90s | 22:13 | comments(0) | - | pookmark |
かたくら氏のコメントから
かたくら氏のコメントに懐かしい昔話がありましたので、本文として掲載させていただきました。

****(ここから、かたくら氏のコメント;抜粋)********************************

ところで、牛乳パックカウルのメリットとして、圧倒的な作りやすさがありました。
針金で枠を作って、そこに牛乳パックを貼り付けるだけですから。
とはいえ結構なノウハウも必要で、且つカウル製作担当の、牛乳銘柄へのこだわりと柄のチョイスのセンスが重要でした(笑)。
慣れてくると結構かっこいいデザインで作れていたように記憶しています。
私が3年生の時に出場したソーラーカー(さいかわ氏主導でした)では、後輩の”ひらさわ”が独力で見事なボディを制作し、周囲を驚かせました。

古い話をもうひとつ。
あれはいつだったか、たしかSUGOで行なわれたEVレースに出場したときの事です。
エコランマシンを電動にコンバートして参加しました。
たしか練習走行のときだったと思いますが、雨が降ってきました。
防水処理をしなければならないのですが、その作業の傍ら、”ちば”と”ふくおか”がおもむろに牛乳パックで「ウイング」を作り始めました。
製作理由は、「雨なのでダウンフォースが必要。」です。
ものの30分程度で完成したそのウイングは、まるで○○族のようなイカツイ代物でしたが、そこには燦然と輝く『雪印』のロゴ。
最高にハイセンスなクルマに仕上がり、皆で腹を抱えて大爆笑しながら(されながら)コースに送り出したのを覚えています。

懐かしい話です。

≪記事内容と、写真は異なります。≫
| OBのウンチク ’90s | 01:01 | comments(1) | - | pookmark |
【ご招待】かつてのメンバー、さいかわ様、かたくら様
最近、当ブログの書き込みが多くなり、本来の目的である
『動研に参加する現在のメンバーと、かつて参加したメンバーが交流するため場所』が機能してきた感があります。

また、さいかわ様、かたくら様にはコメントの書き込みをいただきありがとうございます。

さて、このたびさいかわ様、かたくら様にも直接このブログに書き込みをしていただけるように、ユーザ登録をさせていただきました。
(右サイドメニュー下欄の、管理者ページからお入りください。)
詳しくは、メールいたします。

心より、書き込みをお待ちしておりますラブ

なお、かたくら様のコメントに昔話がありましたので後ほど、当方にて本文として掲載させていただきます。
| OBのウンチク ’90s | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
懐かしの、部室
JUGEMテーマ:車/バイク


部室

動研の活動が盛り上がり始めたとき、動研には部室がありませんでした。
それまでは、顧問の先生の研究室の片隅が、部室代わり・・

しかも、実験装置の隅の一角に、塩ビフレームのマシン1台と、
ホームセンターで売っている程度の工具が少し。

そんな状況が一転したのは、この文化系サークルの部室を、
話し合いにより占拠した時点から!

「さいかわ」が一升瓶2本で、少林寺拳法部の部室を譲り受けることに成功した。

なお、当時は、動研はまだ部に昇格しておらず、同好会として活動していたはずです。
| OBのウンチク ’90s | 12:25 | comments(2) | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT

Webを検索 このブログ内を検索
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS